冬しぼり(にんじんジュース)

商品ラインナップへ

真冬の大地で育まれたにんじんの豊かな甘み。

2017年より、甘み豊かな「ほれぼれ」に高β-カロテンにんじん「冬あかり」を20%配合した新ブレンドに。
寒さに栄養を蓄えた旬の素材を大切にしぼってお届けします。

冬しぼり(30本)(160g×30本)1ケース
冬しぼり(30本)(160g×30本)1ケース

ご好評につき
完売いたしました

「冬しぼり(30本)」の
次回ご案内は1月頃から
お届けは2月中旬頃を予定しております。

旬の会

旬の会」にご入会しませんか?数量限定、季節限定の「旬シリーズ」商品を優先的に特別価格でお届けいたします。

「旬の会」詳しくはこちら
※「旬の会」は一度お申込みいただくと、毎年自動継続となります。
※最低1年以上のご継続をお願いいたします。

内容量・原材料名・アレルギー表示・栄養成分表示

[原材料名]

にんじん、レモン、うめ

[栄養成分表示 (1缶/160g当たり)]

エネルギー 50kcal、たんぱく質 1.1g、脂質 0g、炭水化物 11.5g[糖質 11.2g、食物繊維 0〜0.6g]、食塩相当量 0.02〜0.1g、カリウム 510mg、カルシウム 27mg、ビタミンK 5 μg(β-カロテン 7.1mg)

●数値は分析による推定値です。

「冬しぼり」の魅力

真冬までじっくり育て上げた「ほれぼれ」を、ストレートでジュースに。甘み、香り。すべてが別格のおいしさです。
厳冬を克服してこそ、味わいも栄養も豊かに。

春夏のにんじんと違い、「冬しぼり」のにんじんが旬を迎えるのは、吐く息も凍る1月中旬頃。実が寒さから自らを守るために水分を減らし、糖分やβ-カロテンを高めるのです。畑ではにんじんが凍らぬよう根元まで土を寄せる「培土」など、作り手の細やかな管理が欠かせません。土中で厳冬に耐え、味わいと栄養に満ちた原料だけが「冬しぼり」になります。

特別な製法で、にんじんの甘みを引き出します。

収穫されたにんじんは、カゴメ独自の「フレッシュ・スクイーズ製法」でやわらかにゆるやかにしぼられます。これにより雑味が入らず、にんじん本来の甘みが引き立ち、フルーティーでさらりとした味わいのにんじんジュースが実現しました。

栄養豊かに生まれ変わった、「冬しぼり」を
ぜひお試しください。

高β-カロテンにんじん「冬あかり」は、カゴメが長年の研究をもとに選びぬいた特別な品種です。こだわりの素材だからこそ、にんじんの「旬」のおいしさを存分に愉しめる「冬しぼり」で皆様にお届けしたいと考え、今回のリニューアルが実現しました。にんじんの甘みや香りはそのまま、健康成分β-カロテンをたっぷり摂れる新「冬しぼり」をぜひご賞味ください。
カゴメ株式会社 「冬しぼり」開発担当 山口貴之

にんじん

多くの生産農家の方々を代表してお話を伺いました。
〜「冬しぼり」(にんじんジュース)編〜

カゴメ契約農家
久保 嘉一さん・要太さん

お父様の嘉一さんは、にんじん栽培を八街で広めた先代を受け継ぎ、この道30年以上の大ベテラン。息子の要太さんは大卒後、北海道で農業の修行を積んだ後にご実家へ戻り就農。親子で心一つに、栽培の難しい「冬あかり」を育てています。(多くのカゴメ契約農家さんを代表して、久保さんにご登場いただきました)

お父様の嘉一さんは、にんじん栽培を八街で広めた先代を受け継ぎ、この道30年以上の大ベテラン。息子の要太さんは大卒後、北海道で農業の修行を積んだ後にご実家へ戻り就農。親子で心一つに、栽培の難しい「冬あかり」を育てています。(多くのカゴメ契約農家さんを代表して、久保さんにご登場いただきました)

栽培が難しいからこそ挑戦し甲斐もあります。

「苦労は絶えないけど、収穫までもうひと踏ん張り」と話すのは、生産者の久保さん親子。高β-カロテンにんじん「冬あかり」を育てる、数少ない作り手です。「冬しぼり」の原料として、「ほれぼれ」に加えて昨年仲間入りした「冬あかり」は、一般のにんじんの約2倍※のβ-カロテンを含み、豊かな甘みが魅力。カゴメ原料担当の佐藤も「探し求めてついに出会えた」と自負する、理想の品種です。しかし発芽しにくく、収量の確保が困難という課題も。その栽培を買って出たのが、地域でも技術に定評のある久保さん親子でした。農業の他にも、生産者に野菜の栽培を依頼し、作物を買い取って流通させる産地問屋の顔も持つ、お父様の嘉一さん。「冬あかり」への想いを語ります。「いずれ、作り手を選ばずに生産者たちが安定栽培できる技術を確立し、この人参の魅力を全国に広めたい。それにはまず、何としても自分たちの手で実らせなきゃ」

※「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」に基づくカゴメ調べ

来年の課題が見つかる。
それも立派な収穫だから。

「人が参る」と書いて人参と読むごとく、まさに作り手泣かせの「冬あかり」。久保さん親子は経験による工夫で発芽を成功させました。「通常より株の間隔を狭め、種を多めに蒔いたんです。全部は発芽しなくても、芽が出たにんじんを太く育てようと。発芽しにくい品種なりの対策をすることが大切です。」
一方、少しでも目を離すと病虫害が出やすいなどの課題も浮き彫りに。「その課題も今年の収穫」と要太さんは言います。「どんな技術も、知っているだけでは知識に過ぎません。失敗も味わい、初めてそれは教訓になるんです。まだ作れる量は限られますが、精一杯育て上げるので、ぜひ味わってください!」

カゴメ契約農家
中根 良栄さん

にんじんの名産地・鉾田でこの道12年以上。カゴメ契約農家としての経歴も長く、栽培の難しい「冬あかり」も情熱を持って育てています。自慢のにんじんを、お子様が食べる姿を見るのが何よりの喜びなのだそう。(多くのカゴメ契約農家さんを代表して、中根さんにご登場いただきました)

にんじんの名産地・鉾田でこの道12年以上。カゴメ契約農家としての 経歴も長く、栽培の難しい「冬あかり」も情熱を持って育てています。自慢のにんじんを、お子様が食べる姿を見るのが何よりの喜びなのだそう。(多くのカゴメ契約農家さんを代表して、中根さんにご登場いただきました)

天気を理由にせず、立派に育ててみせる。

「挑戦しなきゃ失敗さえできない。それに、カゴメさんの想いに応えたくて」そう話す中根さんは、「冬あかり」を育む農家のお一人。「冬しぼり」の味わいを変えず、より栄養豊か※にすること。そのために選ばれたこの品種はとても繊細で、生育には困難も。カゴメは、鉾田でも技術と熱意に定評のある中根さんに、その栽培を依頼したのです。「病気の原因になる長雨が続いてね。でも天気には勝てない以上、先手を打たなきゃ。例えば病気が出てからの対処療法でなく、にんじん自体を病気に強い体質にする。そのために土を有機質にしたり、先回りが大事。手もかかるけど、悪天候なら不作なのか、悪天候でも豊作なのか、その差は工夫と覚悟なんだ」

※β-カロテン含有量が従来品比20%アップ

休みも惜しむ心意気が、一番の肥料だよ。

どれほど丹念に畑を耕し、慎重に種をまいても、芽が出ないとすべてが台無しに。長雨はにんじんの大敵ですが、恵みの雨は大切です。「夏の種まき後に雨が少ないと、夜間も畑に来て水をやり、発芽を促すこともあります。昼だと蒸発するけど、気温の低い夜は畑に水が残り、発芽しやすくなるから」理想の実りのためなら、寝る間も惜しんで畑仕事に励む。就農した頃と今の自分は、技術以上にその心意気が違うと中根さんは言います。「年に一度の収穫は、まるで宝箱を開けるドキドキ感。今は早く“土に眠る宝”を掘りたくて仕方ないよ」そう屈託なく笑う中根さんの愛情、そしてカゴメの想いとともに ― 新「冬しぼり」さぁ、いよいよ登場です。

「冬しぼり」 お客様の声 「冬しぼり」(にんじんジュース)にお寄せいただいたご感想を一部ご紹介いたします。

「冬しぼり」(にんじんジュース)にお寄せいただいたご感想を一部ご紹介いたします。

30代
男性

にんじんが本来持っている甘さをストレートで!
本当に美味しいです。人参の本来持っている甘さ、これがストレートに味わえるなんて!来年も買います。

40代
女性

にんじん嫌いの主人も飲めます!
ニンジン嫌いの主人にニンジンを摂らせようと思って冬しぼりを飲ませましたところ、美味しいと言って飲んでくれるようになりました。

60代
女性

一口で大ファンに
あまりのおいしさに、一口で大ファンに。
久しぶりに食品に感動しました。

70代
男性

冬しぼりを飲んで冬を健康に
私は冬対策に、今は「冬しぼり」を飲んでいます。おかげさまで毎日健康に過ごしています。

80代
男性

「冬しぼり」なら野菜嫌いの義父も飲んでくれます
義父は今年100才になりました。野菜が若い時からあまり好きではありません。なるべく食事に少しずつ出すようにしていますが、「冬しぼり」のにんじんジュースは飲んでくれます。

60代
女性

おいしいものは小さい子どもでもよく分かります
今年も待ちに待った「冬しぼり」が届きました。早速お風呂上りの孫にあげたら、おいしそうにゴクゴクとのどを鳴らしながら飲んでいました。おいしいものは小さい子どもでもよく分かるんですね。旬しぼり、今年はたくさん味わいました。

50代
男性

牛乳と混ぜてβ-カロテンとカルシウムを一緒に摂っています
私は毎日ウォーキングをしております。寒い時でも1時間余りすると汗をかきますので、牛乳と「冬しぼり」を混ぜて飲んでいますが口当たりもよくとても美味です。β-カロテンとカルシウムが一緒に摂れて体にとてもいいと思います。

50代
女性

にんじんがこんなに甘くてクセがないなんて!
「冬しぼり」のにんじんジュースが大変おいしく、家族一同大感激です。にんじんがこんなに甘くてクセもなくいただけることに感謝。旬シリーズがこれからも楽しみです。

※お客様個人の感想です。

「冬しぼり」(にんじんジュース)は、
多くのお客様にご愛飲いただいております。

「冬しぼり」 よくあるご質問 ご不明な点などお困りの際にぜひご参考ください。

ご不明な点などお困りの際にぜひご参考ください。

原料について教えてください。

まろやかに甘く、β-カロテンが豊富な「ほれぼれ」などをはじめ、「冬あかり」を新たに20%配合。旬の冬にんじんは、真冬の厳しい寒さで自らが凍らないよう、にんじんが自身の水分を減らし、糖分や栄養分が高まります。特に、栄養価ではβ-カロテンの含有量が増加。収穫したにんじんは、カゴメが独自に開発した「フレッシュ・スクイーズ」という製法で搾汁します。これは、にんじんを細かく砕き、優しく押し出すようにしぼる製法。また、余分な熱をかけず、甘みや香り、カロテンをできるだけ損なわないようにしています。旬の冬にんじんならではのおいしさを、どうぞお楽しみください。
※レモンは海外産です。

いつ頃味わえるのでしょうか?

例年2月中頃からお届けを開始しています。

β-カロテンとはなんですか?

にんじんに含まれる黄色い色素で、トマトのリコピンのような天然カロテノイド色素の1種です。美容と健康への働きが注目されています。

賞味期限はどこに書いてありますか?

賞味期限は缶底に記載しております。賞味期間は、製造日から2年となっております。

100%ですか?

はい。100%のストレートにんじんジュースです。
食塩・砂糖・香料・保存料不使用です。

濃縮還元ですか?

いいえ。ストレートにんじんジュースです。
※レモンとうめは濃縮還元です

お店でも買えますか?

いいえ。「冬しぼり」(にんじんジュース)は、健康直送便の通信販売のみでお届けしております。

赤ちゃんに飲ませてもいいですか?

離乳食が始まったお子様から、お飲みいただけますが、ナトリウムの摂りすぎ注意や、濃い味に慣れさせないようにするため、11ヶ月ぐらいまでは白湯(さゆ)で2-3倍に薄めてから飲ませてあげてください。お子様の様子を見て、濃さ・量を調節してください。

冬しぼり(にんじんジュース)

商品ラインナップへ

真冬の大地で育まれたにんじんの豊かな甘み。

2017年より、甘み豊かな「ほれぼれ」に高β-カロテンにんじん「冬あかり」を20%配合した新ブレンドに。
寒さに栄養を蓄えた旬の素材を大切にしぼってお届けします。

冬しぼり(30本)(160g×30本)1ケース
冬しぼり(30本)(160g×30本)1ケース

ご好評につき
完売いたしました

「冬しぼり(30本)」の
次回ご案内は1月頃から
お届けは2月中旬頃を予定しております。

旬の会

旬の会」にご入会しませんか?数量限定、季節限定の「旬シリーズ」商品を優先的に特別価格でお届けいたします。

「旬の会」詳しくはこちら
※「旬の会」は一度お申込みいただくと、毎年自動継続となります。
※最低1年以上のご継続をお願いいたします。

内容量・原材料名・アレルギー表示・栄養成分表示

[原材料名]

にんじん、レモン、うめ

[栄養成分表示 (1缶/160g当たり)]

エネルギー 50kcal、たんぱく質 1.1g、脂質 0g、炭水化物 11.5g[糖質 11.2g、食物繊維 0〜0.6g]、食塩相当量 0.02〜0.1g、カリウム 510mg、カルシウム 27mg、ビタミンK 5 μg(β-カロテン 7.1mg)

●数値は分析による推定値です。

はじめての方へ

商品ラインナップ

ご注文・お問い合わせ

カゴメ健康直送便について

カゴメ健康直送便について

お電話でのお問い合わせ

承り時間 9:00〜21:00 年末年始を除く毎日

こちらのページでご紹介している商品以外のカゴメ商品に関するお問い合わせ

&KAGOMEみんなとカゴメとつくるコミュニティ

当サイトはSSLにより情報を暗号化して通信しています。安心してご利用ください。


このページのトップへ

ベジコミ

ご注文・お問い合わせ

カゴメ健康直送便について

お電話でのお問い合わせ

承り時間 9:00〜21:00 年末年始を除く毎日