清見しぼり(清見オレンジジュース)

商品ラインナップへ

やさしい甘みと酸味に満ちた春の柑橘「清見」。

日本生まれの柑橘「清見」は、みかんのジューシーさとオレンジの爽やかさをもつ希少な品種。
豊かな果汁を含んだ果実を丁寧に搾ります。

※画像はイメージです。実際は商品缶に年号が入ります。

[内容量]

190g×30本/1ケース

清見しぼり(30本)(190g×30本)1ケース
清見しぼり(30本)(190g×30本)1ケース

ご好評につき
完売いたしました

「清見しぼり(30本)」の
次回ご案内は3月頃から
お届けは4月中旬頃を予定しております。

旬の会

旬の会」にご入会しませんか?数量限定、季節限定の「旬シリーズ」商品を優先的に特別価格でお届けいたします。

「旬の会」詳しくはこちら

※「旬の会」は一度お申込みいただくと、毎年自動継続となります。

※最低1年以上の継続をお願いしております。
例えば、6種類を1ケースずつ(合計6ケース)ご注文の場合、1年継続時の合計金額は27,216円(送料・税込)となります。

原材料名・アレルギー表示・栄養成分表示

[原材料名]

清見

[栄養成分表示 (1本/190g当たり)]

エネルギー 87kcal、たんぱく質 1.1g、脂質 0g、炭水化物 20.6g[糖質 20.6g、食物繊維 0g]、食塩相当量 0g、カリウム 340mg

●数値は分析による推定値です。

[産地]
和歌山県、愛媛県、広島県、大分県

※お届けする「清見しぼり2019」の賞味期限は、2020年3月頃となります。

「清見しぼり」の魅力

この春だけの、しぼりたてをお届け!春の柑橘、「清見」の甘みと酸味がふわっと広がります。
越冬により味を深める、希少な春の柑橘「清見」。

清見の産地のひとつ、和歌山県有田地方は500年※ほどの柑橘栽培の歴史を持つ産地です。※諸説あります。

清見は、みかんとオレンジの交配によって日本で初めて誕生した、タンゴールと呼ばれる柑橘です。越冬して味わいを熟成させ、春を迎える頃まで待って収穫する希少な品種。甘みと酸味のバランスがよく、果汁がたっぷりですがすがしい味わいが自慢です。そのおいしさは、柑橘栽培を長年続けてきた多くの農家の方が「清見がいちばんおいしい」と言うほどです。

清見の産地のひとつ、和歌山県有田地方は500年※ほどの柑橘栽培の歴史を持つ産地です。※諸説あります。

清見は歴史ある柑橘栽培の名産地などで育ちます。

和歌山県有田地方は、1574年(天正2年)から柑橘栽培を糧に歩んできた歴史ある産地です。
温暖な気候と水はけの良い土壌に恵まれた柑橘の里で、清見は農家さんの愛情と太陽の光を存分に受けて育ちます。

※「清見しぼり」は、有田地方をはじめとした和歌山県産の清見を中心に製造しています。

果実一つひとつを、特別な製法で
丁寧にしぼった清見オレンジジュースです。

清見のおいしさは産地でもとくに評判です。春を感じて一段と甘さを増し、樹上で味わいを深めます。

工場に運ばれた清見は、清見本来が持つ爽やかな味わいを大切にするために、できるだけ熱をかけないようにしぼります。また、果実一つひとつを優しく丁寧にしぼりながら、果汁だけを吸い出す方法で、果皮の苦みが混ざらないように工夫。「清見しぼり」は、清見の果実をそのまま食べるような柔らかな甘さと、透きとおるような酸味が、体中に広がります。

清見のおいしさは産地でもとくに評判です。春を感じて一段と甘さを増し、樹上で味わいを深めます。

清見

多くの生産農家の方々を代表してお話を伺いました。
〜「清見しぼり」(清見オレンジジュース)編〜

清見農家
高田たかだ 英幸ひでゆきさん(和歌山県有田郡)

ご両親と3人で清見をはじめ、さまざまな柑橘を栽培しています。農家になる前は農協で技術指導員をしていました。そのときに身につけた柑橘に関する知識や経験が今も役立っています。
(多くの生産農家の方々を代表して、高田さんにご登場いただきました)

ご両親と3人で清見をはじめ、さまざまな柑橘を栽培しています。農家になる前は農協で技術指導員をしていました。そのときに身につけた柑橘に関する知識や経験が今も役立っています。
(多くの生産農家の方々を代表して、高田さんにご登場いただきました)

収穫の前には、氷点下の日も。
果実が凍らないように注意しないと。

「今年は、生育が早く、酸味の抜け具合がとてもよいです。おいしく仕上がっていますよ」と笑顔で語るのは、清見農家の高田英幸さん。果実は、早く生育すれば、樹上で熟す期間が長くなり、そのぶんおいしくなるのだと言います。
例年、収穫は2月の中頃からですが、農協で果実を分析してもらい、結果を見て早めたり、遅らせたりするそうです。
「2月といえば、寒さまっただ中。気温が氷点下になる日もあります。果実は凍ると細胞が破壊されてしまうので、樹をネットで覆ったり、寒さ対策が重要なんです」
真冬に味わいを深めながら、春先に旬を迎える清見。厳寒を乗り越えると、甘すぎず、ほどよい酸味に。今年の清見にも、高田さんは、自信満々の様子です。

暑い夏が辛いのは、樹も同じ。
たっぷり水を与えて癒してあげます。

清見をおいしく実らせるのに大切なのは「絶対に水。水は、いくらあってもいい」高田さんは力を込めて、そう語ります。
「とくに、7、8、9月は、暑さで樹が傷んだりしないよう、きちんと水を与えないと。なにしろ、最近は夏が暑すぎる。地面の温度が40℃を越えることもありますから」
酷暑は樹にも辛く、疲れているのが目に見えると言います。人間が喉がカラカラに乾くように、樹も渇くのだそうです。
「水は、土に、じわーっと、染み渡らせていきます。川から引いてきた水をホースで渡して、一昼夜、そのままにして。そうやって、樹の渇きを癒してあげるんです」
清見は、水を与えれば与えるほど、おいしくなると確信する高田さん。今年も「ぜひ、ご期待ください」とのことです。

清見農家
はやし 孝憲たかのりさん(和歌山県有田郡有田川町)

高校卒業後、静岡県にある果樹の研究機関で柑橘栽培を学び、2年前にご実家の農家へ。お父様に師事しながら、有田ブランドの未来を担う若きホープとしてご活躍中です。
(多くの生産農家の方々を代表して、林さんにご登場いただきました)

高校卒業後、静岡県にある果樹の研究機関で柑橘栽培を学び、2年前にご実家の農家へ。お父様に師事しながら、有田ブランドの未来を担う若きホープとしてご活躍中です。
(多くの生産農家の方々を代表して、林さんにご登場いただきました)

ほんまに自然は気分屋。だからこそ、最後まで気を抜かずに育て上げるんです。

清見は手がかかる子。そのぶん愛着も特別

「ここの枝、少し長いかな」
撮影の合間も木に目を配り、きめ細かく手入れするのは林孝憲さん。ベテランのお父様の下で腕を磨く若き清見農家です。春先が収穫期の清見は、冬の寒さや自然の様々な試練を乗り越え、ようやく旬を迎えます。
「味の良さからか、清見はみかん以上にヒヨドリの“大好物”。家族総出で防鳥ネットを張るなど、収穫前のこの時期は特に気を遣います」
過去には、そんな重労働の翌日に大雪が降り、木がネットごと倒れて台無しになった経験も。だからこそ最後まで手を尽くすのだそうです。
「今年はただでさえ裏年で実が少ないので、一つひとつを大事に、大事に育て上げます」

喜びも苦しみも、このひと玉に全部詰まってる

「ゴールから逆算して今この瞬間にすべきことを考えなさい」
父のその教えを胸に刻む林さんにとって、収穫は時間との闘いです。
「春先は日が短いので、早朝から一気にスタート。籠が一杯になったらコンテナに空けて・・・を何百回も繰り返します」
さらに帰宅後も、出荷用に清見を選別する選果作業が夜まで続くそう。
「傷つきやすいから選果機には入れません。すべて手作業でチェックします」
それでも林さんは、一年の集大成ゆえの喜びが苦に勝ると笑います。
「清見で一杯になった籠が、肩にずしりとのしかかる瞬間に思うんです。あぁ、この重みは、達成感の重みやって」

「清見しぼり」 お客様の声 「清見しぼり」(清見オレンジジュース)にお寄せいただいたご感想を一部ご紹介いたします。

「清見しぼり」(清見オレンジジュース)にお寄せいただいたご感想を一部ご紹介いたします。

60代
女性

本当に熟した清見だからこその甘み
とっても甘くておいしくて感動しました。本当に熟した清見だからこその甘味だと。うれしく思いました。

20代
男性

みかんの果汁が体の隅々まで染み渡る感じで
清見オレンジの酸味と甘味のバランスが程よく、大変清々しいおいしさです。みかんの果汁が体の隅々まで染み渡る感じでとても気に入っています。

50代
女性

数量限定で去年はなくなってしまったので
おいしいです。ふたを開けた時の香り、なんて爽やかな事。すごく幸せな感じになりました。数量限定で去年はなくなってしまったので今年は追加の注文もしてしまいました。

40代
男性

今まで頂いたどのオレンジジュースよりおいしかったです!
今まで頂いたどのオレンジジュースよりもおいしかったです!子供たちも大喜び。追加注文を出しました。ごちそうさまです。

30代
女性

起き抜けに飲むジュースは目覚めに一役かっています
昨年あっという間になくなってしまったので、今年は追加注文しました。朝起き抜けに飲むジュースは体に吸収されていく感じがして、健康に一役かっています。

20代
女性

味が濃い!同僚にも好評です
残業やお昼休みに外出できない時など、会社に持参しています。冷蔵庫で冷やしておくと最高に美味です。味が濃くて同僚にも好評でした。飲み応えがあって良いです。

50代
男性

ひと味違うみかんジュース。友達にもどんどんすすめています
毎年楽しみに待っています。家族はもちろん友達が来ても「わ、いつも飲んでるオレンジジュースと違う」と言ってくれます。私はみかん類が大好きなので、どんどん友達を呼んでは飲んでもらっています。大好きです。ありがとうございます。

50代
女性

野菜や果物をなかなか食べてくれない家族に。
あれこれと考えて食事には気を配っているつもりですが娘や主人、息子は野菜や果物等をなかなか食べてくれないのです。前回購入したところ好んで飲んでいるので、まずは果物からと思い、これからも飲ませたいと思っています!

※お客様個人の感想です。

「清見しぼり」(清見オレンジジュース)は、
多くのお客様にご愛飲いただいております。

「清見しぼり」 よくあるご質問 ご不明な点などお困りの際にぜひご参考ください。

ご不明な点などお困りの際にぜひご参考ください。

いつ頃味わえるのでしょうか?

例年4月中旬頃お届けを開始しています。

賞味期限はどこに書いてありますか?

賞味期限は缶底に記載しております。賞味期間は製造日から1年となっております。

清見とはどんなフルーツですか?

日本で初めて、みかんとオレンジをかけあわせて出来た交配種(タンゴール)です。味と香りはみかんとオレンジの中間より、ややオレンジに近い爽やかさが特徴です。

なぜ清見なんですか?

春らしい柑橘類で、みかんの爽やかな甘みと酸味、オレンジの華やかな香りをあわせ持ち、果汁に満ちたジューシーさが特長の品種ですので、「清見」を選びました。清見は、甘みと酸味のバランスに優れていることも特長です。

お店でも買えますか?

いいえ。「清見しぼり」(清見オレンジジュース)は健康直送便の通信販売のみでお届けしております。

100%ですか?

はい。100%のストレート清見オレンジジュースです。
香料・保存料は不使用です。

濃縮還元ですか?

いいえ。ストレート清見オレンジジュースです。

赤ちゃんに飲ませてもいいですか?

離乳食の始まったお子様でしたら、心配ございません。味が濃すぎる場合があります。また、お子様によっては便が緩くなることもありますので、最初は少量を白湯(さゆ)で薄めてから飲ませてあげてください。お子様の様子を見て、濃さ・量を調節してください。

清見しぼり(清見オレンジジュース)

商品ラインナップへ

やさしい甘みと酸味に満ちた春の柑橘「清見」。

日本生まれの柑橘「清見」は、みかんのジューシーさとオレンジの爽やかさをもつ希少な品種。
豊かな果汁を含んだ果実を丁寧に搾ります。

※画像はイメージです。実際は商品缶に年号が入ります。

[内容量]

190g×30本/1ケース

清見しぼり(30本)(190g×30本)1ケース
清見しぼり(30本)(190g×30本)1ケース

ご好評につき
完売いたしました

「清見しぼり(30本)」の
次回ご案内は3月頃から
お届けは4月中旬頃を予定しております。

旬の会

旬の会」にご入会しませんか?数量限定、季節限定の「旬シリーズ」商品を優先的に特別価格でお届けいたします。

「旬の会」詳しくはこちら

※「旬の会」は一度お申込みいただくと、毎年自動継続となります。

※最低1年以上の継続をお願いしております。
例えば、6種類を1ケースずつ(合計6ケース)ご注文の場合、1年継続時の合計金額は27,216円(送料・税込)となります。

原材料名・アレルギー表示・栄養成分表示

[原材料名]

清見

[栄養成分表示 (1本/190g当たり)]

エネルギー 87kcal、たんぱく質 1.1g、脂質 0g、炭水化物 20.6g[糖質 20.6g、食物繊維 0g]、食塩相当量 0g、カリウム 340mg

●数値は分析による推定値です。

[産地]
和歌山県、愛媛県、広島県、大分県

※お届けする「清見しぼり2019」の賞味期限は、2020年3月頃となります。

はじめての方へ

商品ラインナップ

ご注文・お問い合わせ

カゴメ健康直送便について

カゴメ健康直送便について

お電話でのご注文・お問い合わせ0120-719-899

承り時間 9:00〜21:00 年末年始を除く毎日

こちらのページでご紹介している商品以外のカゴメ商品に関するお問い合わせ

当サイトはSSLにより情報を暗号化して通信しています。安心してご利用ください。

当サイトはSSLにより情報を暗号化して通信しています。安心してご利用ください。


このページのトップへ

ベジコミ

ご注文・お問い合わせ

カゴメ健康直送便について

お電話でのご注文・お問い合わせ0120-719-899

承り時間 9:00〜21:00 年末年始を除く毎日