お店では買えない特別なカゴメです。 お店では買えない特別なカゴメです。

文字サイズ

標準

オンラインショップの
ご利用がはじめての方へ

会員メニュー

商品ラインナップ

ご注文・お問い合わせ

カゴメ健康直送便について

お電話でのご注文・お問い合わせ

0120-719-899

サプリメントに関する
お問い合わせはこちら

0120-719-079

承り時間 9:00~21:00
年末年始を除く毎日

こちらのページでご紹介している商品以外のカゴメ商品に関するお問い合わせ

こんにちは

ゲスト様

人気ランキング

    会員メニュー

    健康直送便コンテンツ

    • 我が家に「健康直送便」がやってきた!
    • ベジコミ
    • 四季を愉しむ旬の会
    • 農園応援
    • 商品STORY

    ご注文・お問い合わせ

    カゴメ健康直送便について

    お電話でのご注文・お問い合わせ

    0120-719-899

    サプリメントに関する
    お問い合わせはこちら

    0120-719-079

    承り時間 9:00~21:00 年末年始を除く毎日

    閉じる

    蜜しぼり
    (りんごジュース)

    ふたつの旬りんごの奥深い味わい。

    甘みと酸味のバランスに優れた「ふじ」と、上品な香りの「王林」を「8対2」の黄金比率でブレンド。果実本来の風味を大切にしながらゆるやかに丁寧にしぼりました。

    • ※画像はイメージです。実際は商品缶に年号が入ります。

    内容量

    160g×30本/1ケース

    ご好評につき
    完売いたしました

    「蜜しぼり(30本)」の
    次回ご案内は10月頃からお届けは12月下旬頃よりご予約順にお届けします。

    旬の会

    「旬の会」にご入会しませんか?数量限定、季節限定の「旬シリーズ」商品を優先的に特別価格でお届けいたします。

    蜜しぼり
    /shared/img/lineup/autumn/fv_section_img_01.png

    原材料名・アレルギー表示・
    栄養成分表示

    [原材料名]

    りんご(国産)/酸化防止剤(ビタミンC)

    [使用しているアレルギー表示対象原料]

    りんご

    [栄養成分表示 (1本/160g当たり)]

    エネルギー 86kcal、たんぱく質 0.2g、脂質 0g、炭水化物 21.2g [糖質 21.2g、食物繊維 0g] 、食塩相当量 0g、カリウム 170mg

    • ●数値は分析による推定値です。

    [産地]

    山形県・秋田県・青森県

    • ※2020年9月現在、使用する可能性のある産地を掲載しています。産地は品質などによって最適なものを組み合わせて使っています。

    詳しく見る

    閉じる

    商品情報 冬しぼりの魅力

    1

    甘みの「ふじ」と香りの「王林」。選び抜いた2種のりんごを黄金比率で。

    カゴメとりんご果汁の出会いは、1969年までさかのぼります。長年の経験と技術を注ぎ、誰もが感動する味わいを求めて開発したのが「蜜しぼり」です。甘みと酸味に優れた「ふじ」、香りで名高い「王林」。厳選したりんごの調和を目指して試作を重ね、ふじと王林を「8対2」でブレンドする黄金比率にたどり着きました。芳醇な香りや、後味に残る酸味の余韻をぜひお愉しみください。

    詳しく見る

    閉じる

    2

    樹上で熟して味わい深めた「晩秋の旬りんご」。

    秋の深まりとともに実が熟す「ふじ」と「王林」。日中に陽光を浴びて糖分のもとを蓄えた果実が、秋夜の冷え込みでぎゅっと実を引き締め、おいしさを深めます。そのため、昼夜の寒暖差が大きい地方ほど、おいしさに満ちた果実が実ります。その条件を満たす産地のひとつが、山形県。樹上で熟して味わいを深めたりんごだけが、「蜜しぼり(りんごジュース)」になるのです。

    詳しく見る

    閉じる

    3

    こだわりの旬のりんごだから。おいしさを逃さずジュースに。

    素材の持ち味を逃さずお届けするため、細かい網でふるいにかけるように優しく搾る「ギナー搾汁」という製法を採用しています。
    これにより、「ふじ」と「王林」、それぞれの味と香りを逃さず、雑味の抑えられた、果実本来の風味を活かした仕上がりに。この時季だけのおいしさを満喫できるストレートジュースです。

    詳しく見る

    閉じる

    4

    味わい深めた2つの旬りんごをしぼるため限定品です。

    「ふじ」と「王林」、それぞれの熟れ頃を見極めて収穫し、しぼるため、数多くはつくれない「蜜しぼり(りんごジュース)」。そのため生産数量限定、季節限定のりんごジュースです。今年のりんごのおいしさを、ぜひお楽しみください。

    詳しく見る

    閉じる

    商品情報 冬しぼりの魅力

    多くの生産農家の方々を代表してお話を伺いました。
    ~「蜜しぼり」(りんごジュース)編~

    今年の産地の様子を動画でご紹介。

    りんご農家 
    鈴木すずき 秀浩ひでひろさん(山形県西村山郡朝日町)

    りんご農家に生まれ育ち、35年以上のキャリアを持つベテラン生産者さん。「ふじ」や「王林」をはじめ、10種類以上のりんごをつくっています。地域のりんご部会では部会長としてもご活躍です。
    (多くの生産農家の方々を代表して、鈴木さんにご登場いただきました)

    収穫というクライマックスまで、
    完成形が見えないから、やりがいがある。

    「35年やっても、すべてのりんごを満足いくものにするのは難しいもんです。人間と同じで木によって性格が違うし、同じ木でも1個1個、味が違うんですよ」
    そう語るベテランりんご農家の鈴木さん。りんご栽培で一番大切なのが収穫後に行う剪定だそうです。

    「樹勢をコントロールするのが剪定作業です。樹勢が弱いと実が小さくなるし、強いと青くて大きくなりすぎて、おいしいりんごがとれなくなるんです。この作業で来年どういうりんごがなるかが決まるので、この見極めが一番難しいですね」
    とはいえ、作業はすべてが重要。いらない花をとる摘花、いらない実をとる摘果、実のまわりの葉摘み、実を動かして全体に色がつくようにする“たま返し”、どの作業も1年に1度しか収穫できないりんごの出来を左右するため気を抜けません。

    りんごが赤く色づいてくると、
    いよいよ始まるな、と気持ちも高まります。

    「今年、一番びっくりしたのは、冬に雪がほとんど降らなかったことです。80を過ぎた親父に聞いても経験がないって」
    さらに鈴木さんの畑のある朝日町は、7月にも今まで経験したことのないような豪雨に見舞われました。
    「木の下と下の方の実が水没しちゃって。その時は落ち込みました」

    それでも春は好天に恵まれ、たくさんのハチも飛びまわってくれたおかげで、収穫量は若干減るものの、今年も出来はかなり良いそう。「蜜しぼり」に使われる「ふじ」の収穫は11月。
    「りんごが赤く着色してくるとやっぱり気持ちが高まります。赤い実が早くもいでくださいって言っている感じ。最後まで諦めずにつくりますので、仕上がったおいしいりんごジュースを味わっていただきたいと思います」と笑顔で話してくれました。

    • ※「蜜しぼり」は「ふじ」を80%使用しています。

    詳しく見る

    閉じる

    りんご農家 
    長岡ながおか 秀昭ひであきさん(山形県西村山郡朝日町)

    りんご農家の4代目という長岡さん。30年を超えるキャリアを持つベテラン農家さんですが、おいしいりんごをつくり続けるために今も勉強を怠りません。現在、「ふじ」を中心に、さまざまな品種を手がけています。農協のりんご部会で、副支部長としてもご活躍中です。
    (多くの生産農家の方々を代表して、長岡さんにご登場いただきました)

    非常においしかった去年に、
    勝るとも劣らないと思います。

    「このまま順調に行けば、今年も、おいしいリンゴができますよ」
    笑顔でそう語るのは、りんご農家の長岡秀昭さん。病害虫の被害もなく、8月は例年に比べ雨が少なかったものの、特に目立った悪影響はなかったと言います。現在、長岡さんは主に「ふじ」をつくっています。例年「ふじ」は9月上旬に色づき始めるそうですが、そこから収穫までは陽がよく当たるように葉を摘んだり、りんごの向きを変えたり、地道な手作業が続きます。

    「でも、まめにすることで、赤くて、おいしいりんごになるんです」
    収穫は、11月上旬から。おいしく実ったりんごから順にもいでいくと、11月末までかかります。
    「去年はすごくおいしくて、評判も上々で、今年も、いい勝負だと思います」と長岡さんは自信を覗かせました。

    おいしいりんごをつくるには、
    剪定が大切です。

    りんごの出来栄えを左右するのはという問いに「剪定ですね。きちんと剪定していないと、いいりんごはできません」と長岡さんは迷わず答えました。樹全体の形を理想の状態に保てないと、毎年、毎年、おいしいりんごをつくり続けるのは難しいのだそうです。長岡さんは「剪定は、技術」だと言います。

    \

    「樹の生態を理解して、こういう風に切ったら、りんごがこうなるとか、そういうことを頭に入れていかないと。この歳になっても、まだまだ学ぶことがあります」
    例年、剪定は、積もった雪が固くなる2月から花が咲き始める4月末ごろまで。11月の真っ赤な実りを思い描きながら枝を切るという長岡さん。
    「毎年、おいしいりんごを、と思って、丹精を込めて作業しています。今年も、期待して待っていてください」と真摯に話してくれました。

    詳しく見る

    閉じる

    商品レビュー お客様の声

    蜜しぼり(りんごジュース)にお寄せいただいたご感想を一部ご紹介いたします。
    ※お客様個人の感想です。

    歯が弱くなった私たちに
    うれしいジュースです

    70代 女性

    りんごは好物なのですが、歯が弱くなったせいか冷たいりんごは歯に染みて食べづらくなりました。そんな時にはとてもうれしい!毎朝パン食なのでゴクゴクゴク。主人と2人でゴクゴクゴク。「毎日飲む野菜」とミックスしてゴクゴクゴク。思い切り飲んでおります。有難うございます。

    濃厚なのに
    サッパリしたノド越しって・・・

    20代 女性

    ひと口飲んで思わず出た言葉は「わーすごい!」。こんなに濃厚なのにサッパリしたノド越しって・・・と驚きの連続でした。

    缶を開けた瞬間、
    りんごの甘酸っぱい香り

    40代 女性

    缶を開けた瞬間、りんごの甘酸っぱい香り、そして飲んでみたらスッキリした甘さで爽やかな後味でした。りんごジュースは好んで飲むものではありませんでしたがこれは本当においしい!です。

    ホットがお気に入りです

    50代 女性

    「蜜しぼり」、毎回おいしいのでとても楽しみにしてます。今の時期はホットがおすすめです。あたためて飲むと香りまでおいしくて、お気に入りです。

    お風呂上がりに飲む冷えた一杯は格別

    50代 男性

    数年前に出会いました。他メーカーにないおいしさで、お風呂上りの冷えた一杯は格別です。今では妻もハマッてしまい毎年2ケースずつ注文しています。秋のシーズンを楽しみにしています。

    りんご本来の味がする
    ジュースに惚れ込みました

    60代 男性

    数年前に出会いました。りんご本来の味がするおいしいジュースに惚れ込み、毎年秋のシーズンが待ち遠しいです。

    よくあるご質問

    Q1

    原料について教えてください。

    Q2

    いつ頃味わえるのでしょうか?

    Q3

    賞味期限はどこに書いてありますか?

    Q4

    100%ですか?

    Q5

    濃縮還元ですか?

    Q6

    お店でも買えますか?

    Q7

    赤ちゃんに飲ませてもいいですか?

    Q8

    ビタミンCを添加している理由は?

    ご好評につき
    完売いたしました

    「蜜しぼり(30本)」の
    次回ご案内は10月頃からお届けは12月下旬頃よりご予約順にお届けします。

    旬の会

    「旬の会」にご入会しませんか?数量限定、季節限定の「旬シリーズ」商品を優先的に特別価格でお届けいたします。

    蜜しぼり
    /shared/img/lineup/autumn/fv_section_img_01.png

    原材料名・アレルギー表示・
    栄養成分表示

    [原材料名]

    りんご(国産)/酸化防止剤(ビタミンC)

    [使用しているアレルギー表示対象原料]

    りんご

    [栄養成分表示 (1本/160g当たり)]

    エネルギー 86kcal、たんぱく質 0.2g、脂質 0g、炭水化物 21.2g [糖質 21.2g、食物繊維 0g] 、食塩相当量 0g、カリウム 170mg

    • ●数値は分析による推定値です。

    [産地]

    山形県・秋田県・青森県

    • ※2020年9月現在、使用する可能性のある産地を掲載しています。産地は品質などによって最適なものを組み合わせて使っています。

    詳しく見る

    閉じる


    商品お申し込み 商品お申し込み

    ページTOP ページTOP

    このページのトップへ