おうち時間を快適にお役立ち情報

お役立ち一覧へ

vol.10

内側、外側の両方からアプローチするヒントを教えてくれる、ヨガインストラクター高木沙織さんに「朝からすっきり!簡単ストレッチ」を教えていただきます。

ヨガインストラクターの高木沙織です。
朝起きてベッドから出ると、腰回りになんとなく違和感を感じるような...「腰痛」とまではいかなくても、寝起きにこのような腰の不調を感じる人は少なくないはず。

実は、横向きの姿勢で寝ることで腰が反ってしまうことが、このような腰の不調につながることがあるんです。
今日は寝ている間に反ってしまった腰をケアする、腰痛解消ストレッチをご紹介しますね。

横向きで寝ている人は注意!?反り腰を伸ばす
「腰痛解消ストレッチ」

1)硬くて平らな床の上に仰向けになり、両方のひざを胸に引き寄せる。そのまま5回、ゆっくり呼吸する

※背中・腰をしっかりと床につけます
※手はひざの裏に添えます
※ベッドやソファのような柔らかい場所だと体が沈み込んで正しい姿勢が取れないので、硬めの床で行いましょう

2)頭を床から持ち上げ、ひざとあごを近付け、そのままゆっくり5回呼吸する

※腰が軽く丸まるような姿勢を意識します

3)頭を浮かせたまま、腰を右に傾け、ゆっくり5回呼吸する

4)反対の左側に傾け、ゆっくり5回呼吸する

※左右どちらに傾けるときも、腰が軽く丸まった姿勢を保ちましょう

普段から腰が反った姿勢がクセになっている人は、眠るときも横向きになり、腰を反らせていることが多いんですよ。
反り腰は、腰への負担が大きくなるので、腰痛の原因になったり、内臓の位置や機能にまで影響したりもします。

硬い床の上で背中・腰を床につけ、腰が反っていないときの感覚や姿勢を体に覚えさせるようなストレッチを習慣にしてみてくださいね。

※ただし、痛みや違和感が強い人は無理をせず、ひどい場合は早めに診察を受けるようにしてください。

今日もみなさんの一日の始まりが健やかでありますように。

【講師プロフィール】
ヨガインストラクター 高木沙織
ご紹介した「お役立ち情報」はいかがでしたか?

他の記事を見る

健康直送便カゴメ