応援したい農園に出会いました。

たくさんの応援ありがとうございました!
ご好評につき山形県置賜地区の
「高徳りんご」は販売終了いたしました。

実際に、富樫洋一さんの『高徳りんご』を食べていただいた方から応援メッセージをいただきました!

山形県置賜地区のりんご農園から、“幻のりんご”とも呼ばれる希少品種『高徳りんご』

“幻のりんご”とも呼ばれ、
一般の市場にはほとんど出ることのない希少品種『高徳りんご』が
山形県置賜地区では栽培されています。

手にのるほど小さなりんご、でも食べるとその味わいにびっくり。
りんごの美味しいところだけ、ギュッと凝縮したような、
豊かな味わいのりんごです。

収穫量が非常に少ないため、300箱限定でお届けします。

箱をあけた瞬間から香り立つ、甘くて美味しい『高徳りんご』、
この機会にぜひ、ご賞味ください。

農園応援『高徳りんご』MOVIE

農園応援『高徳りんご』MOVIE

商品の詳しい情報はこちら

農園メッセージ

これまで日の目を見ることがなかった希少なりんご。

これまで日の目を見ることがなかった希少なりんご。

27歳からりんご栽培をはじめて、今年でもう65歳。38年もやっていると「JA山形おきたま」の中でも、りんご農家の“顔役”みたいなオヤジになってしまいました(笑)。
今回「農園応援」でご紹介することになった『高徳りんご』。私の農園から正式に出荷するのは、実はこれが初めてのこと。ご覧の通り、手にのるほど小さいし、熟してもきれいな赤色になりきらないので、これまでは市場に出しても“売れないりんご”として、日の目を見ることはありませんでした。それでもとにかく美味しいという理由だけで、少量ながらも今日までずっとつくり続けてきたのです。

香り高く、蜜たっぷり。小さいけれど、大きな贅沢。

香り高く、蜜たっぷり。小さいけれど、大きな贅沢。

小ぶりでかわいい“手のりサイズ”にも関わらず、手に取ってみるとずしっと重く、まるでりんごの美味しいところだけ、その実にギュッと閉じ込めたような豊かな味わいが特長です。その実をカットしてみると、個体差こそありますが、蜜がたっぷり詰まっているはずです。
色づきはやや薄め。でも見た目の地味さとは裏腹に、その香りはとっても華やか。箱をあけた瞬間に、甘やかな香りがパッと広がり、幸せな気分にしてくれます。このりんごを食べることは、これまで私たちりんご農家や一部の関係者だけに許された、特権みたいなものだったのです。小さいけれど、大きな贅沢。私たちにとって『高徳りんご』とは、まさにそんな存在なのです。

夫婦で育てた自慢の『高徳りんご』、お届けします。

夫婦で育てた自慢の『高徳りんご』、お届けします。

私の両親も、この地でりんごをつくっていました。米沢の冬は雪深く、子どもの頃、母がソリにりんご箱を載せて売り歩いていたことを、今でも時々想い出します。長女が生まれた年に、畑を大きく拡張し、今は家内と二人でりんごづくりを続けていますが、私のりんごづくりの歴史は、まさに家族の歴史そのものといっても過言ではありません。

りんごは一玉一玉、葉摘みをして、実に適度な日光を当ててやらないと色付かない、文字通り手のかかる果物です。でも手がかかるからこそ、かわいくもあり、娘と同じようにこれまで夫婦で大切に育ててきました。二人で育てた自慢の『高徳りんご』、ぜひゆっくり味わってみてください。

商品の詳しい情報はこちら

応援メッセージ

りんごの美味しさに驚いたのは、何年ぶりのこと。

りんごの美味しさに驚いたのは、何年ぶりのこと。

実は『高徳りんご』の生産者 冨樫さんとは、「JA山形おきたま」の柴田さん(写真右/写真左はJAの青木さん)を通じて知り合いました。もとより柴田さんは、私たちの「農園応援」に興味をもってくださっていて、“ぜひとも「農園応援」で我が置賜地区が誇る『高徳りんご』を”と、その希少な品種の存在と生産者の冨樫さんを紹介してくださったのです。
私自身、子どもの頃からりんごは好きでよく食べてきましたが、りんごが“こんなにも美味しい!”と驚きを覚えたのは何年ぶりのことでしょう。それほど『高徳りんご』との出会いはインパクトのあるものでした。

一切妥協しない人、その人がつくる希少な『高徳りんご』。

一切妥協しない人、その人がつくる希少な『高徳りんご』。

JAの柴田さんの言葉を借りると、冨樫さんは“一切妥協しない人”。「とにかく自分が美味しいと思えるものしか世に出さない。りんごづくりに対する冨樫さんの信念は、決してブレることがありません」。
私が初めて冨樫さんにお会いした時、冨樫さんは真っ白な服を着て、農園に立っておられました。聞けば冨樫さんはいつも白い服を着て作業をするとのこと。“汚れるのに、なぜ?”とご本人に尋ねてみると「りんごはダニなどの小さな虫が付きやすい。白い服で作業していると、小さな虫が服に付いて見つけやすい」のだそう。美味しいりんごを育てるために徹底的にこだわり抜く、冨樫さんがつくる『高徳りんご』を、ぜひとも皆さんにも味わっていただきたいと思いました。

『高徳りんご』で置賜を元気に! カゴメは全力で応援します。

『高徳りんご』で置賜を元気に! カゴメは全力で応援します。

これまで一般の市場では“売れないりんご”と思い込まれてきた『高徳りんご』。しかし、大きさや見た目の美しさはともかく、チャンスがあるなら“本当に美味しいものを世の中に送り出したい”。そんな冨樫さんの心意気にも共感し、このたび「農園応援」で『高徳りんご』を紹介させていただくことになりました。
しかし、これまでほとんど世に出回らず“幻”とも言われてきた『高徳りんご』。冨樫さんの農園だけでは出荷量が足らず、結局地域の農家の方々も協力してくださることに。“『高徳りんご』で置賜地区を元気に!”そんな皆さんの熱い想いもギュッと詰まった『高徳りんご』、私たちカゴメは全力で応援したいと思います。

山形県置賜地区のりんご農園から、“幻のりんご”とも呼ばれる希少品種『高徳りんご』

ご好評につき「高徳りんご」は販売終了いたしました。

さぁ、ご一緒に、農園応援。

高徳りんご 1.8kg(7〜10個)

4,500

(税込4,860円)

購入して応援(予約お申込み)

▼ ▼ ▼ ご購入前に必ずお読みください ▼ ▼ ▼

  • ※「高徳りんご 」は、食べ頃を見計らって農園から直送します。商品受取後、お早めにお召し上がりください。
  • ※お届けの希望日はご指定いただけませんので、ご了承ください。
  • ※お支払いは、郵便振替・コンビニ払い、各種クレジットカードの中からお選びいただけます。
    (代金引換はご指定いただけませんのでご了承ください)

お支払い方法について

お支払いは、郵便振替・コンビニ払い、各種クレジットカードの中からお選びいただけます。

【郵便振替・コンビニ払い】
商品到着後に払込み用紙を郵送いたします。払込み用紙到着後、1週間以内にお振込みをお願いいたします。
※初回お求めの方の郵便振替・コンビニ払いのご利用金額は13,000円(税別)までです。
【クレジットカード】
ご利用いただけるカードは、VISA・MASTER・JCB・AMEX・ダイナースです。
※各クレジットカード会員規約に基づき、お客様ご指定の口座よりご利用代金を引落しいたします。
※カードに関する情報を確認させていただく場合がございますので、ご了承ください。
※定期お届けコース、旬の会でクレジットカードをご利用の場合は、クレジットカードのご登録が必要となります。

配送方法について

宅配便(ヤマト運輸)にてお届けいたします。

「農園応援」活動中

購入して応援

北海道余市トマトジュース

さらっとクセがなく、自然な甘味でとにかく飲みやすいトマトジュースです。

沖縄やんばるパイン

口いっぱいに溢れ出す果汁、そのすっきりとした上品な甘み。貴重な国産品種だけを搾った特別なジュース、数量限定でお届けします。

農園応援

「農園応援」は、日本全国を歩き回って出会った希少でおいしい農作物を、カゴメがお届けします。

▲このページのトップへ