毎日飲む野菜

商品ラインナップへ

おいしい健康生活へ、ようこそ

カゴメが厳選した野菜でつくった、健康づくりのためのジュースです。
7種の緑黄色野菜260g分に、健康野菜ブロッコリースプラウトをブレンド。
トマトは生食用よりリコピンが豊富な、高リコピントマトも使っています。
野菜が濃いのにスッキリした飲み口で、食生活で摂りづらい緑黄色野菜をおいしく摂れます。

※野菜飲料は原料野菜の全成分を含むものではありませんが、不足しがちな野菜を補うためにお役立てください。

毎日飲む野菜(30本)
毎日飲む野菜(30本)

1回のみお届け

6,000

(税込 6,480円)

定期お届けコース

毎月1点コース

(税込 円)

※定期お届けコース中止をご希望の場合は、3回目のお届け以降に承ります。予めご了承ください。

※表示される価格は1点あたりの価格となります。

原材料・アレルギー表示・栄養成分

[原材料]

野菜(トマト、にんじん、赤ピーマン、アスパラガス、パセリ、かぼちゃ、ほうれん草、ブロッコリースプラウト)、レモン果汁

[栄養成分 ( 1缶/160g当たり )]

エネルギー 50kcal、たんぱく質 1.5g、脂質 0g、糖質 10.5g、食物繊維 1.2g、ナトリウム 13〜90mg、カルシウム 28mg、カリウム 580mg、β‐力ロテン 4.5mg、ビタミンE 0.7〜3.0mg、ビタミンK 7μg、葉酸 9〜77μg、ショ糖 3.2g
リコピン 10mg、カプサンチン 0.7mg

※ショ糖は糖質に含まれ、野菜等に由来します。

カゴメのこだわり

原料にこだわりました

野菜集合写真

原料にこだわりました

旬の野菜を使用

おいしさはもちろん、旬の時期に収穫した野菜を使用した野菜飲料です。

8種の厳選健康野菜を使用

厳選した7 種の緑黄色野菜、トマト、にんじん、赤ピーマン、アスパラガス、パセリ、かぼちゃ、ほうれん草に注目の健康野菜ブロッコリースプラウトをブレンドしました。
また、トマトはリコピンとビタミンE が生食用より豊富に含まれる高リコピントマトも使っています。

※トマトのうち、高リコピントマトを3.5%使用。

葉果茎根をバランスよく含みました

ビタミンやミネラルが豊富な「葉」、三大栄養素や食物繊維が豊富な「根」など、栄養面で違う働きのある「葉・果・茎・根」をバランスよく含んだ野菜飲料です。

多彩な色の緑黄色野菜で元気に

赤、黄、緑などの色の濃い緑黄色野菜は、健康のために毎日食べたい野菜。多彩な色の野菜を普段の食事にプラスすると、食事バランスがより良くなります。いろいろな緑黄色野菜をおいしく摂り、健康的な食習慣をサポートします。

量にこだわりました

野菜の平均摂取量

量にこだわりました

健康野菜260g分をぎゅっと凝縮

健康的な毎日のために必要な野菜の量は350g以上。
「毎日飲む野菜」には、健康づくりに役立つ野菜をカゴメが選び抜き、1缶にぎゅっと凝縮しました。

※野菜飲料は原料野菜の全成分を含むものではありませんが、不足しがちな野菜を補うためにお役立てください。

毎日続けられる手軽な160g缶

1缶160gという量は、手軽に「毎日飲む野菜」を続けていただきたいというカゴメのこだわりです。

味にこだわりました

グラス

味にこだわりました

毎日飲んでも飽きのこないおいしさ

野菜の習慣をおいしく続けられるよう、おいしさにとことんこだわりました。「この野菜飲料なら毎日続けられる」と高い評価をいただいています。

製法にこだわりました

研究風景

製法にこだわりました

カゴメ独自の「RO濃縮技術」

カゴメ独自の熱をあまり加えない加工技術でトマトを濃縮。
生の野菜を食べるような新鮮さを楽しんでいただける野菜飲料です。

※カゴメの特許技術で逆浸透圧濃縮法のこと。熱をかけずに水分を抜くので、味や香り、栄養がそのまま残る濃縮方法です。殺菌のための加熱はしています。

安心にこだわりました

工場
畑

安心にこだわりました

食塩・砂糖・香料・保存料 不使用

大地の恵みにこだわって、食塩・砂糖・香料・保存料不使用。安心してお続けいただけます。

原料から製造工程まで品質管理を万全に

原料の検査から製造時の工程のさまざまな確認、できた製品の検査まで厳しい自社基準を設け、安心・安全のための徹底した品質管理を行っています。

畑作り、種作りから安心・安全な原料を

「毎日飲む野菜」には、契約栽培などで穫れた厳選した産地の野菜を使っています。また、旬の時期に収穫した野菜を使うため、海外の産地からも野菜を調達。栽培状況などは、信頼できる生産者と協力しながら、厳しい独自基準で確認しています。
さらに、カゴメの研究開発本部ではよりよい商品づくりを目指し、野菜の品種開発や栽培方法の研究を実施。とりわけトマトは、ジュース専用のトマトや高リコピントマトなどの開発を重ね、「毎日飲む野菜」にも使用しています。

毎日飲む野菜 開発担当者 田村 茂夫 毎日飲む野菜 開発担当者 田村 茂夫

カゴメ株式会社 毎日飲む野菜 開発担当者 田村 茂夫

「毎日飲む野菜」は、その名の通り「毎日無理なく野菜を摂るためのジュース」を目指した、こだわりの野菜飲料です。毎日飲んでいただくため、味にも栄養にもこだわり抜いて野菜を厳選。カロテノイドが豊富な緑黄色野菜に、発芽野菜のブロッコリースプラウトを加えました。そして、この味は本当においしいのか、続けられる味なのかを徹底的に議論。「これぞ、味と栄養の黄金バランス」と自負できる野菜飲料になるまで、百回以上の試作を繰り返しました。
カロテンの豊富な緑黄色野菜を中心に、飲みやすくブレンド。
色の濃い緑黄色野菜は健康成分が豊富ですが、味のクセも強く、ブレンドに試行錯誤を重ねました。それぞれ野菜の「甘み」「酸味」「旨味」「苦み」をバランスよく組み合わせ、スッキリとした味を追求。トマトは、独自のRO濃縮技術で成分や風味を損なわないよう加工し、生野菜本来の風味が味わえるようにしました。どんなによいものでも、続けられないと意味がないと考え、飽きないおいしさにこだわり抜きました。
野菜飲料だから、旬の野菜が摂れるのです。
使用する野菜は、おいしさと健康成分に優れた、旬の野菜にこだわっています。旬の時期が異なるいろいろな野菜を、旬に収穫した状態のもので摂れるのは、野菜飲料ならではの良さと言えるでしょう。「毎日飲む野菜」シリーズは、お客様の健康をサポートするために、カゴメがどうしても作りたかった野菜飲料なのです。

素材のお話

8つの健康素材「毎日飲む野菜」(野菜飲料)の厳選素材をご紹介いたします。

トマト

トマト

トマト

健康を守る働きが強いリコピンが豊富。

トマトの優れた成分、赤いリコピン。
真っ赤な色の素であるリコピンが豊富なトマトは、サビない毎日を
サポートする働きがあることで知られています。

トマトジュースですっきりカクテル。

ウォッカをトマトで割った「ブラディマリー」、ビールをトマトで割った「レッドアイ」。 どちらも1950〜70年頃、戦場で戦うアメリカ兵士の間で生まれたそうです。 夜のお付き合いが多い方にはトマトのさっぱりとした味がすっきりして心地よいとされていたようです。

にんじん

にんじん

にんじん

β‐カロテンが豊富。

健康にうれしいβ-カロテンが含まれています。
β-カロテンは体内でビタミンAとなり、体の潤滑油として働きます。

西洋種と東洋種。2つのルートで日本へ。

ふるさとは中央アジア・アフガニスタンです。よく見かけるオレンジ色のにんじんは、ヨーロッパ経由の西洋種。深い紅色の京にんじんは、中国から入ってきた東洋種です。もともとは、赤、紫、黄、白の多彩な色があったそうです。

赤ピーマン

赤ピーマン

赤ピーマン

赤い色素はカプサンチン。

赤ピーマンは緑色ピーマンの完熟形。β-カロテンは緑色の約2.3倍。
健康を守る働きのあるカプサンチンも豊富です。

紫、黒、白・・・。個性派ぞろい。

最近では、赤や黄色のピーマンも一般的になりました。
でも、ピーマンには、オレンジや紫、黒、白など、まだまだ知られていない色がいっぱい。
白以外は、すべて緑色を経て完熟させたものです。

アスパラガス

アスパラガス

アスパラガス

カロテンを多く含む緑黄色野菜。

アミノ酸の一種、アスパラギン酸はアスパラガスから発見されたのでこの名前になりました。

ホワイトアスパラって、グリーンと同じ?

最近では、冬になると生のホワイトアスパラガスを見かけるようになりました。
グリーンとホワイトはもともとは同じものですが、土を高く盛って太陽光に当てないように育てたのが、ホワイトアスパラガスです。

ほうれん草

ほうれん草

ほうれん草

カロテンが豊富な緑黄色野菜の代表格。

ほうれん草は、カロテン以外にも食物繊維を含みます。
世界でもポピュラーな野菜の1つです。

メディチ家のお嬢様のお気に入り。

フィレンツェの名門メディチ家からフランス王家へ嫁いだ女性たちは、ほうれん草が大好物だったと言われています。今でも、フローレンス風(フィレンツェの英名)と呼ばれる料理には、ほうれん草が入っているそうです。

パセリ

パセリ

パセリ

カルシウムを含む健康ハーブ。

パセリの香りの成分は、食後にかむと息が爽やかになると古くからいわれてきました。

モスカールドパセリって言うんです。

私たち日本人が一般的にパセリと呼んでいるのは、葉が縮れている「モスカールドパセリ」という品種です。なんだか、かわいらしい名前ですね。これに対して「イタリアンパセリ」は、葉がまっすぐなのが特徴です。

かぼちゃ

かぼちゃ

かぼちゃ

β-カロテンが豊富な元気野菜。

β-カロテンの宝庫といわれ、保存がきくため、緑黄色野菜が不足する冬の栄養源として食べられてきました。

カンボジアがなまって、「かぼちゃ」に!

原産地はアメリカ大陸ですが、日本に伝わったのは安土・桃山時代。現在の大分県に漂着したポルトガル人が殿様に献上しました。この時のものがカンボジア産だったため、これがなまって「かぼちゃ」になったと言われています。

ブロッコリースプラウト

ブロッコリースプラウト

ブロッコリースプラウト

強い生命力にあふれる健康野菜として注目

発芽したブロッコリースプラウトの生命力をジュースに。
ブロッコリースプラウトとは、ブロッコリーの新芽のことです 。発芽したばかりのブロッコリーは、さまざまなチカラを蓄え、強い生命力にあふれており、健康野菜として注目されています。
発芽は、植物の生命力が最も高まる時。種のチカラが発芽時に解放され、さらに成長するためのチカラが生み出されます。ブロッコリースプラウトは健康に役立つ野菜として脚光を浴びているのです。

毎日飲む野菜 お客様の声 「毎日飲む野菜」にお寄せいただいたご感想を一部ご紹介いたします。

「毎日飲む野菜」にお寄せいただいたご感想を一部ご紹介いたします。

40代
男性

家族みんなに人気のおいしさです。
「毎日飲む野菜」は本当においしく、両親や祖母にも時折送っています。みんなにも大変好評。良い商品に出会えました。

50代
女性

一人暮らしの息子へ定期で送っています。
一人暮らしの息子に「毎日飲む野菜」を定期便で送っています。けっこう真面目に飲んでいる様子で、少し安心です。

70代
女性

毎日欠かさず飲むことが、私の健康習慣です。
毎日飲まないと何か忘れている気がして落ち着きません。冷蔵庫を見ると入っているので、毎日飲んで安心しています。

60代
女性

料理にも大活躍。野菜が摂れて便利です。
「毎日飲む野菜」は、スパゲッティなどのお料理にも利用しています。野菜を補えるし、とても便利です。

30代
女性

2歳の娘も「美味しい!」と一気飲み!
100%の野菜飲料なんて2才の娘は飲まないだろうと思っていたのですが、飲ませてみると「美味しい!」と一気飲み!野菜を補うという意味でも手軽で役立っています。

70代
男性

夫婦あわせて150歳です。
もうすぐ夫婦あわせて150歳。元気です。ジュースを飲み続けている結果でしょうね。

20代
女性

「野菜って美味しいんだ」と実感。
試しに飲んでみて、その美味しさに驚きました。「野菜って美味しいんだ」と実感。

40代
女性

緑黄色野菜不足を埋めてくれます。
忙しいのでとても緑黄色野菜を毎日摂りきれません。それを埋めてくれるのが「毎日飲む野菜」です。

40代
女性

食事のバランスのために。
結婚前は栄養士をしていたこともあり、食事のバランスを心がけています。サラッとして飲みやすい毎日飲む野菜をいただいています。

20代
女性

妊娠中に勧められて。
現在妊娠中ですが食欲がなく不安でした。友達に勧められて飲んでみて、こんなに美味しい野菜飲料は初めて。もう止められません。

60代
女性

健康維持を実感しています。
健康に悪いと知りつつも朝食抜きの生活を長く続けておりましたが、最近は「毎日飲む野菜」を必ず飲むようにしています。おかげで毎日の健康を維持できているような気がします。

40代
男性

おいしくて、毎日飲んでも飽きがこないから続けられます。
「毎日飲む野菜」は毎日飲んでいても飽きがこないんです。野菜飲料というと一般的にくどさがあるのに、カゴメのはアッサリおいしい。身体にいいものは飲んでみてうまい、おいしいと思わなければ続きません。私は「定期お届けコース」に入会しており、ちょうどなくなりそうな時届けてもらえるので安心です。

30代
女性

野菜嫌いの子ども達もじゃんじゃん飲んでいます。
野菜嫌いの子どもたち。手を変え品を変え、野菜料理を考えるのですが、この「毎日飲む野菜」なら何も言わなくても勝手にじゃんじゃん飲んでしまいます。

50代
女性

緑黄色野菜がたっぷり摂れる朝の一杯が習慣に。
子どもたちも独立し、静かな朝食は鮮やかなジュースを飲むことから始まります。その名は「毎日飲む野菜」。新聞で健康直送便を知り、野菜不足になりがちな食生活に緑黄色野菜をたっぷりと、ということでさっそく電話致しました。あれから「毎日飲む野菜」は我が家の朝食に一段と幸を添えてくれます。朝の一杯は習慣になりました。

「毎日飲む野菜」は、多くのお客様にご愛飲いただいております。
※お客様個人の感想です。

毎日飲む野菜 よくあるご質問 ご不明な点などお困りの際にぜひご参考ください。

ご不明な点などお困りの際にぜひご参考ください。

いつ飲んだらいいですか?

お薬ではないので、お好きな時にお飲みください。お食事と一緒に召し上がっていただくと、お食事の油分によりカロテノイドの吸収がよりよくなると言われています。

あたためて飲んでもいいでしょうか?

ジュースはあたためてもおいしくお召し上がりいただけます。また、カレーやミートソースなどのお料理に活用されているお客様もいらっしゃいます。
あたためてお召し上がりいただく際には、以下の点にご注意ください。

1. 容器のまま、直火にかけたり、電子レンジであたためることは大変危険です。
あたためる際には必ずジュースを別の容器に移し替えてください。

2. 一度あたためたジュースは、すぐに飲みきってください。

添加物は使用していますか?

保存料や香料などの添加物は使用しておりません。また、食塩・砂糖なども使用しておりませんので、安心してお召し上がりください。

賞味期限はどこに書いてありますか?

缶底に記載しております。賞味期間は、製造日から1年です。

冷蔵庫で保存するのですか?

未開封の状態でしたら、常温での保存が可能です。直射日光に当たらない場所で保管してください。なお、開封後は賞味期限にかかわらずすぐにお召し上がりください。

赤ちゃんに飲ませてもいいですか?

離乳食を始めていれば特に問題はございません。お子様によっては、濃い場合がございます。最初は白湯(さゆ)で薄めていただき、お子様の様子を見ながら濃さを調整してください。 また、離乳食としてもご利用いただけます。

ビタミンAの過剰摂取にはなりませんか?

過剰摂取になる心配はありません。ビタミンAはサプリメントや動物性のもの(うなぎやレバーなど)等で摂取する場合は過剰摂取の恐れ(体調の変化を引き起こしたり、妊娠中の胎児へ悪影響を及ぼす)があると言われております。しかし野菜に含まれているビタミンAはβ-カロテンという異なる状態で存在しており、これはカラダに必要な量だけビタミンAに変わって吸収され、余分なものは体外へ排出されますので、安心してご飲用ください。

ショ糖とはなんですか?

原料(野菜、果物)に含まれる糖の一種です。商品には、砂糖類、はちみつ、甘味料は加えていません。

毎日飲む野菜

商品ラインナップへ

おいしい健康生活へ、ようこそ

カゴメが厳選した野菜でつくった、健康づくりのためのジュースです。
7種の緑黄色野菜260g分に、健康野菜ブロッコリースプラウトをブレンド。
トマトは生食用よりリコピンが豊富な、高リコピントマトも使っています。
野菜が濃いのにスッキリした飲み口で、食生活で摂りづらい緑黄色野菜をおいしく摂れます。

※野菜飲料は原料野菜の全成分を含むものではありませんが、不足しがちな野菜を補うためにお役立てください。

毎日飲む野菜(30本)
毎日飲む野菜(30本)

1回のみお届け

6,000

(税込 6,480円)

定期お届けコース

毎月1点コース

(税込 円)

※定期お届けコース中止をご希望の場合は、3回目のお届け以降に承ります。予めご了承ください。

※表示される価格は1点あたりの価格となります。

原材料・アレルギー表示・栄養成分

[原材料]

野菜(トマト、にんじん、赤ピーマン、アスパラガス、パセリ、かぼちゃ、ほうれん草、ブロッコリースプラウト)、レモン果汁

[栄養成分 ( 1缶/160g当たり )]

エネルギー 50kcal、たんぱく質 1.5g、脂質 0g、糖質 10.5g、食物繊維 1.2g、ナトリウム 13〜90mg、カルシウム 28mg、カリウム 580mg、β‐力ロテン 4.5mg、ビタミンE 0.7〜3.0mg、ビタミンK 7μg、葉酸 9〜77μg、ショ糖 3.2g
リコピン 10mg、カプサンチン 0.7mg

※ショ糖は糖質に含まれ、野菜等に由来します。

はじめての方へ

商品ラインナップ

ご注文・お問い合わせ

カゴメ健康直送便について

カゴメ健康直送便について

お電話でのお問い合わせ

承り時間 9:00〜21:00 年末年始を除く毎日

こちらのページでご紹介している商品以外のカゴメ商品に関するお問い合わせ

&KAGOMEみんなとカゴメとつくるコミュニティ

当サイトはSSLにより情報を暗号化して通信しています。安心してご利用ください。


このページのトップへ

ベジコミ

ご注文・お問い合わせ

カゴメ健康直送便について

お電話でのお問い合わせ

承り時間 9:00〜21:00 年末年始を除く毎日